狩野自動車工業について

狩野自動車工業株式会社

サポカーの修理ができる資格をいただいております。

ハイブリッド車をはじめ近年の自動車は、優れた環境性能や燃費性能を発揮するため、高度にコンピュータ制御が行われています。

このような自動車の性能を維持していくためには、走行状態や時間の経過とともに発生する故障や部品の劣化に対応した装置の点検整備に合わせ、自動車専用のコンピュータ診断器(スキャンツール)による機能診断が欠かせません。

「コンピュータシステム診断認定店」は、一般社団法人日本自動車整備振興会連合会および、各都道府県の自動車整備振興会が実施するコンピュータ診断技術に関する所定の審査に合格し、自動車の電子装置について確かな機能診断が実施できることが認定された整備工場です。

自動車特定整備事業

当社では、自動車特定整備事業の認証を取得したことで、今まで以上にお客様が安心してお車の点検、整備等お任せしていただけるよう心掛けて参ります。

2019年5月の「道路運送車両法」の改正に伴い、「自動車特定整備」の該当範囲が、従来の「分解整備」に加えて「電子制御装置整備」を含め拡張されました。さらに2020年4月1日の「自動車特定整備制度」の施行により、「電子制御装置整備」は、「運行補助装置と自動運行装置に対する整備または改造」と定義され、自動運転レベ儿3以上の自動運転が可能な自動車に搭載される装置(自動ブレーキなどに使用される前方を監視するカメラやレーダー等)の整備も含まれています。自動車整備事業者にとっては、「電子制御装置整備」の領域が追加された新たな「自動車特定警備」においての認証が必要となりました。

可搬消防ポンプ等は、ポンプと内燃機関が一体とって構成され、消防機関、消防団、自主防災組織、防火対象物、危険物施設等において重要消防用設備等として設けられているもので、その機能を維持するためには、定期的な点検を行う必要があるとともに、エンジンを中心とした整備について高度な技能が要求されます。

そこで、一般財団法人日本消防設備安全センター(以下、「安全センター」という。)では、「可搬消防ポンプ等整備資格者講習事務規程」(平成5年消安セ規程第30号 以下「規程」という。)に基づき、可搬消防ポンプ等の点検・整備について必要知識及び技能を有する者を養成するための講習を行い、その課程を修了した者には可搬消防ポンプ等整備資格者免状を交付しています。

当社では、可搬ポンプ等整備資格を取得したことで、今まで以上にお客様が安心して可搬ポンプ 消防車の点検、整備等お任せしていただけるよう心掛けて参ります。

スタッフ一人一言

お客様に安心して車に乗っていただける様、自分にできることを精一杯努力していきます!(金井—整備士)

私たちは、お客様に役立つ工場であることを常に考えて作業にていきたいと思っています。(多田—整備士)

私の仕事はお客様と整備士をつなぐ入り口のようなもの。どんなに良い整備士がいて、どんなに良い整備ができても、それをご案内できなければお客様に整備士の技術は届きません。お客様の愛車をお預かりする窓口として、明るく、元気なご挨拶と、お客様の気持ちに寄り添えるサービスを常に心がけています。(はぎわら—フロントスタッフ)

お役様との出会いに感謝し、元気よくお迎えいたします。ライフプランに合った各種保険も取り揃えております。お気軽にご相談ください。(狩野—オフィスマネージャー)

『信頼されるサービスマンに!』をモットーに、お客様と良い関係を保てるようにご要望やご意見をお伺いし、お客様のご納得されるサービスをご提供できるよう、常に心がけて作業しています。(石垣—整備士)

私たちサービスエンジニアは『気づき』を大切にしています。目を凝らし、匂いを嗅ぎ分け、耳を澄ましてお客様の車と向き合います。プロだからわかる不具合の発見やアドバイスがお客様の安全をサポートし、安心してお乗り頂けると信じているからです。(高橋—工場長)

私たちはお客様にとって安全で安心な高品質な商品やサービスを提供するとともに、自動車社会の豊かな生活をサポートしていてたら良いと思っています。日頃から健全な車社会の実現に貢献できるようにチャレンジし続けています。また、安全のための社内ルールを厳守遂行しています。(杉本—整備士)

お客様が満足してお乗り頂けるよう、お預かりするお車全てに心を込めて整備させていただいています。末永いお付き合いをさせて頂けるよう、お客様の気持ちに寄り添う対応を心がけています。(前原—整備士)

小さなことも見落とさない、見逃さないよう細心の注意を払い整備しています。整備は一時的にあお預かりするだけですが、お客様にとっては毎日の付き合いになる愛車を快適にお乗りいただくために日々努力しています。(井田—フロントマネージャー)

狩野自動車工業はおかげさまで今年で創業57年になります。車は社会と生活を結ぶ足として、仕事や余暇の相棒として多くの方々に愛される存在となりました。変化する時代の要請に応えて技術や性能は進歩し続けています。そうした一方で、『お客様のために役立っている工場であること』を創業からの変わらぬ理念とし、常に反省することを忘れず業務に携わるよう、日々心がけています。(狩野雄司—代表取締役)

狩野自動車工業株式会社

私たちは、車のコンピュータ・システム診断認定店です。